MGC出場選手の多くがナイキの“ピンクシューズ!ズームXヴェイパーフライ%”

「マラソングランドチャンピオンシップ」東京オリンピックマラソン代表選手が決まる選考会!一発勝負で上位2人が選出される大事な大会に・・・うん??
男子の選手の足元がピンクで可愛い!!インスタグラムの投稿にも選手の足元はピンクのシューズが!

MGC優勝の中村匠吾選手の足元はおそらくピンクの“ズームX ヴェイパーフライ ネクスト%”

ピンクのシューズの正体とは?“ナイキズームX ヴェイパーフライ ネクスト%”だろうといわれています。

「MGC」出場選手の多くが「ナイキ」の“ズームX ヴェイパーフライ ネクスト%”を着用

男子1位の中村匠吾選手(富士通)2位の服部勇馬選手(トヨタ自動車)女子2位の鈴木亜由子選手(日本郵政グループ)東京五輪内定の3人もこのピンクシューズで出場!!男子は出場した30人のうち16人が着用していました。着用率半端ない!!アシックスの着用は8人、アディダスやニューバランスが各3人、ミズノが1人だったそうです。

大迫選手が昨年10月に日本記録を更新した際に履いていたモデルの改良版といわれていて、設楽選手も履いているようですね。

「ナイキ」の“ズームX ヴェイパーフライ ネクスト%”

上から見たらこんな感じ

ナイキの製品で色はグリーンもあるようですが今日はみなさんピンクだったみたいで・・・。なぜなら今日がこのピンクの発売日だったようですね。

気になる価格はナイキの公式サイトでは29,700(税込み)となっていました。

“ナイキズームX ヴェイパーフライ ネクスト%”を購入した方のレビュー

ナイキの公式サイトからですが、英語のレビューだったので、翻訳のサイトで!たどたどしい日本語になっているところもありますが、そこはお許しを・・・。

これらのシューズは驚くべきもので、今までで最高のシューズです。NikeVaporfly 4%、Nike Pegasus Turbo、Hoka Carbon X、Hoka Clifton’s、Brook’s Glycerine and Ghostsでランニングしました。 4%は良いと思ったが、これらは信じられないほど、足が前進し続けているので信じられないほどです。 私もいくつかのPBを持っていましたが、今後さらに増えると確信しています。 高価ですが、ランニングを真剣に考えているなら、それだけの価値はあります。

 

Nike Go It Right!
この靴は、4%ですべての欠点を完璧にしました。 スタックの高さは快適で、オフロードでも簡単に走ることができ、ゆっくりしたペースで走っているのを不快に感じさせません。 足元の新しいゴムは、実際にトレーニングに十分な耐久性があり、レース当日の数回前に耐久性があります。 乗り心地は最高です。 フィット感は快適で、靴下を履かなくても靴の中を簡単に走ることができます。 耐久性の問題を解決したので、長距離レースの次のパーセントと比較できる靴は他にありません。

厚底になっていて、カーボンのプレートが入っていて足が勝手に進む感覚。疲れにくくこれまでにないナイキ史上最速のレーシングシューズといわれているようですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です