きゅうりを大量消費できるきゅうりのきゅうちやん風漬物


きゅうりのきゅうちやん風漬物があるだけでご飯がすすみます。今回は我が家で大人気のレシピを公開!

toko


きゅうりのきゅうちやん風漬物

我が家では裏の畑にほとんど無農薬に近い野菜の自家栽培に取り組んでいます。

ほとんど無農薬に近いので、野菜の形が変形気味であったり、少し虫に食べられた野菜も家庭で消費するので、気にせずに料理に使っています。

今回は夏野菜のきゅうりがたくさん大きくなりましたので、大量に消費するために作りました。

きゅうちやん風漬物の材料

きゅうり1キロ
塩大さじ1
白ゴマ大さじ3
塩昆布80g
酢100CC
醤油120 CC
みりん40 CC
砂糖75g
七味少々

きゅうちやん風漬物の作り方

きゅうりを小口切りにスライスする

塩をふって水気をしっかり切る
調味料を全て鍋の中に入れて煮立てる

きゅうりを鍋の中に入れてきゅうりの色が変わるぐらい煮る。およそ15分位

しっかり冷やすとバリバリのきゅうりのキューちゃん風佃煮が出来上がる

冷蔵庫で約1週間から10日保存ができます。

食感がパリパリしてピリッと辛い七味のパンチがきいてご飯にとてもあいます皆さんも作ってみてくださいね

きゅうりを食べると体にこんなにいいことが!

「きゅうり」は96%が水分と言われています。冷やしてそのままで食べてもとてもみずみずしくて美味しい野菜ですが、身体にとってとても良い効果があります。

脂肪分解酵素(ホスホリパーゼ)・・・脂肪の燃焼と代謝を高めてくれ、体内の老廃物や毒素の排出効果がある。
ビタミンK・・主に血液を凝固させる、骨を強くするといった働きがある。

ビタミンC・・コラーゲンの合成、メラニン色素を抑える、免疫力を高めるといった働きがある。

・・貧血を防ぐ。

カリウム・・むくみを改善する。

葉酸・・妊娠時に必要とされる成分。

 食前にきゅうりをよく噛んで食べるとホスホリパーゼが体内に分泌され、食事で摂取する脂肪分を分解してもらえるようです。

テレビの番組でもタレントの丸山桂里奈さんがチャレンジしたきゅうりダイエットでは3週間で6.6キロのダイエットに成功したようですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です