愛媛の郷土料理【鯛のさつま汁】鯛の旨味が口の中に広がる美味しさ!

今回も鯛を使った料理を紹介しょうと思います。
我が家では鯛をまるまる1匹もらったら(魚屋さんで買う時も1匹)必ずと言っていいぐらい作る料理があります。

それは「鯛のさつま汁」なに??聞いたことないよ!っていう方もいらっしゃると思いますが・・・愛媛の宇和島では有名な郷土料理として、宇和島の和食の名店などではふるまわれているとても美味しい料理なのです。

【鯛のさつま汁】ってどんな料理?材料は?

愛媛の南予地区でつくられる郷土料理のことで別名「伊予さつま」と呼ばれたりします。簡単に言うと愛媛の冷汁ですね。

材料
・鯛を焼いてほぐした身
・麦みそ
・だし汁

トッピング
・大葉
・ねぎ
・きゅうり
・こんにゃく


我が家ではこの鯛の頭の部分とヒレを丸ごとフライパンで焼いちゃいます。


左側が鯛を焼いてほぐした物と右は南予地区で使われる麦みそ(今でも手作りする家庭も多いようですちなみに我が家は手作りの麦みそです)

鯛のさつま汁の作り方はココから

鯛などを焼いた身に麦味噌を入れてすり鉢ですりおろし、火にかざして焼いて香ばしさを出したあと、ダシ汁を入れてのばします。うちの場合は、鯛を捌いた後の頭の部分とヒレや中骨を焼いて身をほぐしたモノを使います。

こんな感じで、鯛と麦みそをまぜていくよ 鯛の身と麦みその割合は1:1ぐらいかな。


完全に混ぜ合わせました。


だし汁を合わせるとできあがりです。トッピングには大葉やネギ、こんにゃくやキュウリなどお好きな薬味をのせてもOK

シンプルすぎてめちゃくちゃ簡単に出来上がりました。夏場、食欲がないときは氷を入れ込んでササッと食べることができますよ!これに大好きなお漬物があればそれだけでごちそうです。

こうすることで、鯛まるまる1匹分無駄なく使えることができました。鯛って料理のやり方次第で捨てるところってないんですね!

鯛が手に入らない場合でも鯵を焼いて作ることもできます。ほとんどの魚で代用が可能ですので手軽にみなさんも作ってみてはいかがでしょうか。

toko

人気ブログランキングに参加しています(^^)
↓↓↓↓↓

更新の励みになりますので
1日1クリックのご協力よろしくお願いいたします☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です